ここから本文です

成育科ブログ

2020.05.03

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

毎年5月には弘前大学医学部で小児科学として新生児講義も毎年2コマ担当しています。同じく新型コロナウイルス流行のため弘前大学も遠隔授業となり、この連休中に準備しています。弘前大学はライブ授業ではなく学生さん達が講義録画を受講する方式で、通常1コマ90分のところを30分に圧縮することになります。ただ、普通に講義をしていたのでは内容が薄くなってしまうので、あれこれ編集作業を加えてみました。

まずは普通に講義をしているところを、今回はZoomを使って録画することにしました。Zoomの画面上でoffice365teamsと同様、デスクトップ画面共有の設定にした上でレコーディングすると自動的に講義動画が保存されます。講義は単元ごとに別々に録画した方が後々の編集作業がしやすいように思います。講義をしていると時間がわからなくなるので、横にストップウォッチを置いておきます。
IMG_7076 (Custom)
一通り各単元の講義を終えて、それぞれの動画ファイルができたら、次にそれぞれの編集作業に入ります。慣れている講義と言っても、やはり喋っている間に言い淀みとか、「え~」とかが入るので、不要な部分は動画編集ソフトでどんどん削っていきます。下の写真は小さくて見えにくいかも知れませんが、下の段に細かな白い縦線が入っている部分がそれぞれ削除された点を示します。こうしてとにかく時間上の無駄を省いていきます。
IMG_7128 (Custom)
それでも1コマ30分となるとなかなか厳しいので、今度は喋るスピードも変えます。通常の早さの115~120%ぐらいの速さにしてもそれほど気にならないですし、むしろその方が聞きやすいようにも感じました。ちなみに、ただ速くすると声のトーンが上がってしまいますので、それを維持したままで速くする設定も可能です。
IMG_7127 (Custom)
こうして「カット編集」→「スピード調節」を加えて行くと、1コマ30分でも最初の講義量としては45~50分程度のボリュームまで増やすことができます。ギリギリまでやればもっと編集は可能ですが、それでは聞いている学生さん達も辛いかなと言うことでこのぐらいにしておきました。それでも、この速さで喋られると、講義の速度をこれのさらに1.5倍速とかではもう聞き取れないでしょうね。録画方式の遠隔授業のノウハウもこれからあれこれ出てくるのでしょうね。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2020.05.01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

新型コロナウイルス流行のため今年度の各大学の講義は遠隔講義が中心となっています。4月に10コマ以上予定されてた青森中央学院大学の助産専攻コースではoffice365teamsを用いてライブ配信授業となりました。遠隔のカンファレンス等はこれまでにも参加したことはありましたが、自分のPCを使うのはこれが初めてでした。いきなり講義と言う訳にも行かないので、担当の丸山先生と一緒に事前の接続テストをやってみました。つなげてみると映像は出るのに音が出ないとか、ようやくつながったと思ったら、今度はスライドの動画の音声が出ないとか、最初のうちはいろいろでした。結局、設定上はファイル共有とかにせず、デスクトップ画面をそのまま共有にするのが手っ取り早かったです。
92827746_3030421990353840_4022629449894723584_n (Custom)

実際に講義をしてみると、なんだか不思議な感じで、それでも聴講する学生さんと音声や映像でも反応は分かりますし、これはこれで結構新鮮でした。何しろコマ数が多いので、あまりマンネリになるのもちょっと言うことで、休憩時間にこちらの顔を映しておいても仕方ないので、いろんなキャラクターのフィギュアとかを交互に映したりしていました。下の写真は最後の方の講義で、開始直前にこの状態にしておくと、接続した学生さんがいきなりこの画面を見ることになると言うちょっとしたいたずらをしてみました。
95015203_3070352173027488_2081304996606902272_n (Custom)
94393165_3070352216360817_5502819220414529536_n (Custom)

遠隔授業はまだまだこれからですので、いろんな工夫がされていくと面白い分野だと思います。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2019.03.10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

CCF20190307 (Custom)
昨年の今頃、新生児科医として大先輩の先生方がNICUの一線を退かれた後、全国の赤ちゃん達とそのご家族を支えるために結成した赤ちゃん成育ネットワークにお招きいただき「『成育科』開設から2年~見えてきた課題と展望」と題してお話しさせていただいた内容が赤ちゃん成育ネットワークの会報に掲載されました。

(画像をクリックすると拡大表示されます)

(画像をクリックすると拡大表示されます)

(画像をクリックすると拡大表示されます)

(画像をクリックすると拡大表示されます)

今回の会報には、NICU便りとして当院の池田先生の方からも当院NICUでの取り組みが紹介されました。

(画像をクリックすると拡大表示されます)

(画像をクリックすると拡大表示されます)

(画像をクリックすると拡大表示されます)

(画像をクリックすると拡大表示されます)

文字が小さいので読みにくいかも知れませんが、それぞれの画像をクリックすると拡大表示されますのでご覧いただければと思います。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.11.08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

9月末に東京で災害時小児周産期リエゾン研修に行ってきたことをご紹介しましたが、11月上旬に県庁で健康福祉部災害対策本部図上訓練が行われるとのお話しがあり、急きょ「災害時小児周産期リエゾン」として参加させていただけることになりました。集合時間よりもちょっと早く着いたらほぼ一番乗りで、部屋に入ったらすぐ目の前に「小児周産期リエゾン」と書かれた訓練着と座席が3人分用意されていました。
DSC02343 (Custom)
今回、一緒に訓練に参加することになった尾崎先生と松倉先生です。
DSC02347 (Custom)
訓練は実践を想定し、かなりの緊迫感を持って行われていました。何もかもが初めてでしたので勝手も分かりませんでしたが、逆に言えば、こうした経験なしに実際に災害が起こってしまっても実働的な活動をするのは難しいだろうとも感じました。
DSC02355 (Custom)
この日に訓練があることを知ったのがかなり日程的に近かったので、午後外来を休診にできず、この日は午前中のみの参加となりました。今後も機会があればいろんな訓練の場を経験したいと思いました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2018.09.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

災害時小児周産期リエゾン研修の続きです。実は今回の研修会で、新生児の空路搬送(ドクヘリ搬送)に関しての話題もありました。

青森県では平成24年に県内2機目のドクヘリが当院を基地病院として導入されたのを機に搬送用保育器を用いた新生児のドクヘリ搬送を開始しています。当院に導入されてからかれこれ6年も経つので、もう全国的にもあちことで行われていると漠然と思っていました。

今回の講義の中で新生児のヘリ搬送に関しての現状報告があり、それによると、なんと!関東以北でドクヘリによる新生児搬送が行われているのは千葉県と青森県しかなく、基本的に新生児のヘリ搬送は西高東低の傾向にあることが示されました。

(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)

(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)

以下は、今回の講師である平川英司先生がまとめられた「周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究」の内容から引用してご紹介します。

全国にドクターヘリ基地病院数は 51 ヶ所 あって、これを周産期医療体制として見てみると、ドクヘリ基地病院となっている総合周産期⺟⼦医療センターは27ヶ所、地域周産期⺟⼦医療センターは20 ヶ所で、それぞれにおける新⽣児ヘリ搬送は総合周産期母子医療センターで14/27、地域周産期センターでは4/20でした。ドクヘリ基地病院になっている総合周産期母子医療センターでの新生児のドクヘリ搬送がまだ半分ぐらいの施設でしか行われていないのはちょっと意外でした。

またこの報告書では、青森県の特徴としてバックトラン スファーにも対応していることが挙げられていました。状態の安定した赤ちゃんをバックトランスファーでドクヘリ搬送する目的には、短時間搬送による新⽣児への負担軽減、搬送に付きそう新⽣児科医師の負担軽減に加え、新⽣児ヘリ搬送の周知が挙げられていました。新⽣児医療はその特殊さゆえに他科医師による代替が困難なため、例えば、突然生後間もない赤ちゃんをドクヘリで搬送しなければならない事態が生じても、それに対応できるのは結局新生児科医師しかいません。しかし、この新生児科医師が普段、全くドクヘリ搬送に関わっていないとどうなるでしょう?ここで言う周知とは、普段からドクヘリ搬送に関わるフライトドクターやフライトナースが搬送用保育器を用いた新生児搬送に慣れておくことと、普段はドクヘリに乗ることのない新生児科医師がドクヘリに慣れることの両方の意味から、安定した赤ちゃんの搬送を日常的に行うことによって、真にドクヘリ搬送が必要な赤ちゃんが発生したときにすぐに動けるようになることが真の目的となります。

これからドクヘリによる新生児搬送を導入する施設もまだまだありそうですので、是非、青森県での取り組みがもっと世間的に周知されてもいいのではないかと、慣れない分野の講義を聴きながらちょっとだけ誇らしく思えた瞬間でした。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

1 / 1712345...10...最後 »

ブログ更新情報

大瀧先生
2020.09.27
重症心身障害児守る会会報「ともに」に大瀧先生の紹介記事掲載
CIMG6236 (Custom)
2020.09.26
三上先生、7年半ありがとうございました!
(画像をクリックすると記事へリンクします)
2020.09.22
朝日新聞アピタル「少子化対策の失敗の本質~小児医療の現場から見えたもの」
IMG_0482-2 (Custom)
2020.09.21
令和2年度医療的ケア児支援コーディネーター養成研修~演習編
IMG_0416-2 (Custom)
2020.08.15
令和2年度医療的ケア児等支援者およびコーディネーター養成研修会
IMG_0412-2 (Custom)
2020.08.10
小さく生まれた赤ちゃんとその家族のWebつどい
DSC00026 (Custom)
2020.06.21
医療的ケア児コーディネーターフォローアップ「遠隔」研修会
(画像をクリックするとご案内のPDFファイルが表示されます)
2020.05.19
発達凸凹共育会「はぐとも」とセミナーのご紹介
IMG_7076 (Custom)
2020.05.03
遠隔講義が始まりました(その2)~弘前大学編
92827746_3030421990353840_4022629449894723584_n (Custom)
2020.05.01
遠隔講義が始まりました(その1)~青森中央学院大学編
(画像をクリックすると第45回ハイリスク児フォローアップ研究会のご案内ページにリンクします)
2020.03.09
第45回ハイリスク児フォローアップ研究会 in 青森~中止のお知らせ
IMG_6176 (Custom)
2020.02.15
山口県新生児研究会で新生児医療の集約化に関して講演させていただきました

カレンダー

2020年10月
« 9月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031