ここから本文です

成育科ブログ

2020.08.10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

かなりしばらくぶりの更新になります。日付は8月になっていますが、実際に書いているのは9月末です。
例年、年2回「小さく生まれた赤ちゃんとその家族のつどい」を開催してきましたが、今年は新型コロナウイルス流行の影響でこうした企画が開催しにくい状況となっています。しかし、特に4歳以上のつどいは就学を意識し始める時期でもあり、この時期の就学に関する情報提供はとても大事ですので、なんとか4歳以上だけでもできないものかと、Web上でのつどいを開催しました。

会場は当院内でWeb会議用の機材が設置してある部屋を使いました。
みんな集まって準備中です。
IMG_0402 (Custom)

Web開催までの間、オンライン接続状態を確認するために、参加者される方達にスライドショーが流れています。当日の予定とかつどい最中の注意点とかですね。
IMG_0404 (Custom)
IMG_0407 (Custom)

今回も情報提供として、青森教育委員会で就学支援を担当されている山下征子先生に「ちょっと気になる子の就学について」と題してお話ししていただきました。
IMG_0409 (Custom)
県病親子のつどい (Custom)

今回はオンラインでは初の試みでしたし、2時間程度のかなり短い時間での開催となりましたが、実際に開催してみることで今後に同じような企画を考える上でも貴重な機会となりました。これまでのつどいでは参加者の皆さんに小グループに分かれてグループディスカッションをしていただいていましたが、現時点ではオンラインの「場」が一つしか持てないので、この辺は今後に向けての技術的な課題とも感じました。昨年9月には年齢を超えた小さく生まれた赤ちゃんの保護者交流会を開催しましたが、今後はこの交流会もオンラインでできないか模索中です。参加されたご家族の皆さん、スタッフの皆さん、山下先生、ありがとうございました。
IMG_0412-2 (Custom)

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2020.06.21

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

これまで何度か自主的に開催してきた医療的ケア児コーディネーターフォローアップ研修会ですが、昨今の新型コロナウイルス流行でなかなか開催できないでおりました。本来は昨年末に予定していたのですが開催できず、今回は遠隔カンファレンスシステムを用いて初めて開催してみました。今回は遠隔会議システムであるWebExを用いてみました。メイン会場は当院の医療情報部にある会議室で、その一角には遠隔会議システム用のディスプレイがあります。

こちらは当日の会場で接続準備をしているところです。空調が壊れていて扇風機を回しています。(^^;)
DSC00022-2 (Custom)

こちらは全体のコントロールとプレゼン用の端末で、参加されている皆さんのお顔が確認できます。
DSC00026 (Custom)

まず最初に青森県内における医療的ケア児支援の県の取り組みに関する大枠をご説明しました。
20200613フォローアップ研修会・県内状況 (Custom)
特に今年度の「キモ」とも言えるのが医療的ケア児支援コンサルテーションチームです。これはまた後日詳細をご紹介させていただきたいと思います。
図2
図1

次に、今回の遠隔研修会の主眼はNICUから在宅移行する際に医療的ケア児支援コーディネーターの皆さんとどのようにつながっていくかに関してです。そこで、コーディネーターの皆さんとNICU担当医師との間で共通理解を模索するため、新生児科の川村先生から過去の事例を提示していただき、今後、こうした事例に対してどのようなアプローチが可能になりそうかに関して議論して行きました。
DSC00030 (Custom)
IMG_7307 (Custom)

約2時間弱の研修会の最後に、NICUの「遠隔見学」にもトライしてみました。医療的ケア児支援コーディネーターの皆さんのほとんどが福祉関係の方々ですので、NICUの中に入ったり見たりする機会はほとんどありません。かと言って、普段でも感染対策には細心の注意を払う必要のあるNICUですし、そこにこの新型コロナウイルス流行ですので、そこで遠隔での見学を思いつきました。会議室を抜け出して自前のタブレットを持って遠隔会議システムに再接続したら思ったよりも簡単に遠隔見学ができました。
IMG_9625 (Custom)
IMG_9630 (Custom)

県内の急性期医療機関の医師も含めての研修会は今回が初めてでした。今後も少しずつでもその輪を拡げて行ければと思います。参加された皆さん、ありがとうございました。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2020.05.19

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

以前、昨年まで当院NICUで勤務されていた小澤幸恵さんが発達障害者支援のため発達凸凹共育会「はぐとも」を開設されました。すでに様々なご活動をされていますが、今月末と来月にセミナーを企画されていますのでご紹介します。

1)はぐとも講座「え?うちの子が発達障害?まずどうしたらいいの?~青森市の教育・福祉サービスについて~」開催のお知らせ

(画像をクリックするとご案内のPDFファイルが表示されます)

(画像をクリックするとご案内のPDFファイルが表示されます)

2)はぐとも講座「発達障害ってそもそも何?~治るの?どんな困りごとがあるの?」開催のお知らせ

(画像をクリックするとご案内のPDFファイルが表示されます)

(画像をクリックするとご案内のPDFファイルが表示されます)

ご関心のある方は是非お申し込み下さい。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2020.05.03

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

毎年5月には弘前大学医学部で小児科学として新生児講義も毎年2コマ担当しています。同じく新型コロナウイルス流行のため弘前大学も遠隔授業となり、この連休中に準備しています。弘前大学はライブ授業ではなく学生さん達が講義録画を受講する方式で、通常1コマ90分のところを30分に圧縮することになります。ただ、普通に講義をしていたのでは内容が薄くなってしまうので、あれこれ編集作業を加えてみました。

まずは普通に講義をしているところを、今回はZoomを使って録画することにしました。Zoomの画面上でoffice365teamsと同様、デスクトップ画面共有の設定にした上でレコーディングすると自動的に講義動画が保存されます。講義は単元ごとに別々に録画した方が後々の編集作業がしやすいように思います。講義をしていると時間がわからなくなるので、横にストップウォッチを置いておきます。
IMG_7076 (Custom)
一通り各単元の講義を終えて、それぞれの動画ファイルができたら、次にそれぞれの編集作業に入ります。慣れている講義と言っても、やはり喋っている間に言い淀みとか、「え~」とかが入るので、不要な部分は動画編集ソフトでどんどん削っていきます。下の写真は小さくて見えにくいかも知れませんが、下の段に細かな白い縦線が入っている部分がそれぞれ削除された点を示します。こうしてとにかく時間上の無駄を省いていきます。
IMG_7128 (Custom)
それでも1コマ30分となるとなかなか厳しいので、今度は喋るスピードも変えます。通常の早さの115~120%ぐらいの速さにしてもそれほど気にならないですし、むしろその方が聞きやすいようにも感じました。ちなみに、ただ速くすると声のトーンが上がってしまいますので、それを維持したままで速くする設定も可能です。
IMG_7127 (Custom)
こうして「カット編集」→「スピード調節」を加えて行くと、1コマ30分でも最初の講義量としては45~50分程度のボリュームまで増やすことができます。ギリギリまでやればもっと編集は可能ですが、それでは聞いている学生さん達も辛いかなと言うことでこのぐらいにしておきました。それでも、この速さで喋られると、講義の速度をこれのさらに1.5倍速とかではもう聞き取れないでしょうね。録画方式の遠隔授業のノウハウもこれからあれこれ出てくるのでしょうね。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2020.05.01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

新型コロナウイルス流行のため今年度の各大学の講義は遠隔講義が中心となっています。4月に10コマ以上予定されてた青森中央学院大学の助産専攻コースではoffice365teamsを用いてライブ配信授業となりました。遠隔のカンファレンス等はこれまでにも参加したことはありましたが、自分のPCを使うのはこれが初めてでした。いきなり講義と言う訳にも行かないので、担当の丸山先生と一緒に事前の接続テストをやってみました。つなげてみると映像は出るのに音が出ないとか、ようやくつながったと思ったら、今度はスライドの動画の音声が出ないとか、最初のうちはいろいろでした。結局、設定上はファイル共有とかにせず、デスクトップ画面をそのまま共有にするのが手っ取り早かったです。
92827746_3030421990353840_4022629449894723584_n (Custom)

実際に講義をしてみると、なんだか不思議な感じで、それでも聴講する学生さんと音声や映像でも反応は分かりますし、これはこれで結構新鮮でした。何しろコマ数が多いので、あまりマンネリになるのもちょっと言うことで、休憩時間にこちらの顔を映しておいても仕方ないので、いろんなキャラクターのフィギュアとかを交互に映したりしていました。下の写真は最後の方の講義で、開始直前にこの状態にしておくと、接続した学生さんがいきなりこの画面を見ることになると言うちょっとしたいたずらをしてみました。
95015203_3070352173027488_2081304996606902272_n (Custom)
94393165_3070352216360817_5502819220414529536_n (Custom)

遠隔授業はまだまだこれからですので、いろんな工夫がされていくと面白い分野だと思います。

(文責 成育科 網塚 貴介)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックすると東奥日報連載「知ってほしい赤ちゃんのこと」のバックナンバーへリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

(クリックするとリクルートページにリンクします)

2 / 12512345...102030...最後 »

ブログ更新情報

ffc4fc2634173dcf8dd503f457a95070_f508 (Custom)
2020.02.05
新生児のフォローアップと支援~日本新生児看護学会in鹿児島
テレビ診察室 (Custom)
2020.01.05
ATV『テレビ診察室』の放送予定
スライド76 (Custom)
2019.12.24
少子化対策に欠けていた視点とその処方箋~あおもり母乳の会
スライド11 (Custom)
2019.12.15
人生初山梨上陸!山梨周産期医療懇話会~Intact Survivalとは?
IMG_0211 (Custom)
2019.11.30
日本新生児成育医学会in鹿児島
DSC04485 (Custom)
2019.11.24
船戸先生による生命倫理のご講演
DSC04457-2 (Custom)
2019.11.23
災害時における医療的ケア児支援に関する講演会
2019.11.21
八戸市で医療的ケア児コーディネーターフォローアップ研修会
DSC04428 (Custom)
2019.10.20
令和元年度青森県医療的ケア児支援シンポジウム
(クリニックするとPDFが表示されます)
2019.10.18
あおもり母乳の会学習会&周産期医療学習会のお知らせ
IMG_5460 (Custom)
2019.10.12
医療的ケア研修セミナーin札幌
DSC04383 (Custom)
2019.09.22
青森県医療的ケア児支援コーディネーター養成研修~演習編

カレンダー

2020年11月
« 9月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30