ここから本文です

成育科ブログ

2013.10.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は当科の三浦文武先生の結婚式でした。最近の若い人は身内だけで済ませることが多く、結婚式は久しぶりです。今日は年甲斐もなく余興で房川先生と歌など歌ってしまいました。
なんかとても和やかな雰囲気の結婚式で、お二人とも温かなご家庭で大事に育てられたのだなと感じました。我が家の娘達も大きくなってきて、小さい頃のスライドを眺めていると、つい新婦の父親目線で見てしまい涙腺も緩みがちです。
お二人の末永いご多幸をお祈りしています。


野村先生、佐藤工先生と一緒に。


NICUの面々。


房川先生と嵐の「ふるさと」を歌いました。披露宴の直前にカラオケに行って
音合わせをしましたが・・・。

2013.10.26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日は第3回青森県周産期講演会として宮城県立こども病院産科の室月淳先生をお招きして「母体血による胎児染色体検査ーいわゆる新型出生前診断について」と題してご講演いただきました。新しい出生前診断に関しては色んな情報がありますが、今日のご講演で大分情報が整理されたように思います。室月先生、遠いところお越しいただきありがとうございました。

最初のスタッフ紹介のスライドです。懐かしい室本先生が写っています。


「いわゆる」新型出生前診断で、感度を99.1%、特異度を99.9%とした場合、陽性と判定された場合に的中する確率(陽性的中率)が罹患率によって異なることを示したスライドです。
21trisomyの一般的な罹患率は1/1000とされており、全年齢を対象とした場合にはこの検査で陽性と判断されてもその結果が正しい確率(陽性的中率)は5割を切ってしまいますが、これが1/250、1/50、1/10と確率が高まるに従って陽性的中率が上昇します。21trisomyの罹患率は、35歳で1/250、41-42歳で1/50と上昇するので、このことがこの新しい検査法において年齢制限が必要な根拠となるようです。


講演会終了後には室月先生を囲んで。

ブログ更新情報

DSC00513 (Custom)
2018.10.24
「うりずん」高橋昭彦先生がオータムセミナーでご講演
63回新生児成育学会1 (Custom)
2018.10.19
第63回日本新生児成育医学会学術集会の発表予定等
61C-ANsMwPL (Custom)
2018.10.12
働く女子のキャリア格差~女性の活躍には構造的問題の理解が不可欠
IMG_1966 (Custom)
2018.10.07
東京で医療的ケア児に関する厚生労働省班会議
DSC02310-2 (Custom)
2018.10.06
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)
ランチョン (Custom)
2018.09.28
第63回日本新生児成育医学会でランチョンセミナー
(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)
2018.09.26
災害時小児周産期リエゾン研修(その2)~新生児のドクヘリ搬送
IMG_1751 (Custom)
2018.09.25
災害時小児周産期リエゾン研修~まずは平時からの備えを
DSC02214 (Custom)
2018.09.10
こどもサポート教室クラ・ゼミさんで情報交換会
CIMG5895 (Custom)
2018.09.09
青森県医師会主催のNCPR(Aコース)
IMG_1685 (Custom)
2018.09.04
医療的ケア児支援体制検討WG
(画像をクリックすると拡大捧持されます)
2018.09.03
11月17日(土)青森県医療的ケア児支援シンポジウム開催のお知らせ

カレンダー

2013年10月
« 9月 11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031