ここから本文です

成育科ブログ

2014.12.22

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

周産期医学12月号 の特集は「最新版 新生児呼吸管理」で「呼吸管理の実際 VGとMMV」について執筆させていただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これまで、このホームページでも新生児の人工呼吸管理に関してはあれこれ書いてきましたが、中でも今回の内容は 「早産児の人工呼吸管理Part6」 「第50回日本周産期・新生児学会~ステファニー編」 の中でご紹介させていただいた内容をブラッシュアップしたものになっています。

VGは患者の呼吸努力と人工呼吸器から供給される圧との関係でみると、呼吸努力に比例した圧を供給するPAVやNAVAとちょうど真逆の動きをする換気モードと言えます。PAV・NAVAは呼吸努力が乏しくなる時に弱点があり、VGはその逆に呼吸努力が強すぎる時に弱点があります。
スライド4 (Custom)

こうした観点からMMVを捉え直すと、MMVは呼吸努力に乏しい時にはVGで作動し自発呼吸が十分ある時には通常のPSVになるので、その意味ではMMVはVGの弱点を補う呼吸モードと言うことができます。
スライド5 (Custom)

一方、最新型のステファニー(現在、日本国内では販売されていません)では、minimumVGと言う機能があって、自発呼吸が乏しい場合に最低限の換気量を補償してくれます。このように一口にVGと言っても、実はその先の進化型が既に世の中に出回っていると言う見方ができるのではないかと考えています。
スライド6 (Custom)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

ブログ更新情報

DSC00026 (Custom)
2020.06.21
医療的ケア児コーディネーターフォローアップ「遠隔」研修会
(画像をクリックするとご案内のPDFファイルが表示されます)
2020.05.19
発達凸凹共育会「はぐとも」とセミナーのご紹介
IMG_7076 (Custom)
2020.05.03
遠隔講義が始まりました(その2)~弘前大学編
92827746_3030421990353840_4022629449894723584_n (Custom)
2020.05.01
遠隔講義が始まりました(その1)~青森中央学院大学編
(画像をクリックすると第45回ハイリスク児フォローアップ研究会のご案内ページにリンクします)
2020.03.09
第45回ハイリスク児フォローアップ研究会 in 青森~中止のお知らせ
IMG_6176 (Custom)
2020.02.15
山口県新生児研究会で新生児医療の集約化に関して講演させていただきました
ffc4fc2634173dcf8dd503f457a95070_f508 (Custom)
2020.02.05
新生児のフォローアップと支援~日本新生児看護学会in鹿児島
テレビ診察室 (Custom)
2020.01.05
ATV『テレビ診察室』の放送予定
スライド76 (Custom)
2019.12.24
少子化対策に欠けていた視点とその処方箋~あおもり母乳の会
スライド11 (Custom)
2019.12.15
人生初山梨上陸!山梨周産期医療懇話会~Intact Survivalとは?
IMG_0211 (Custom)
2019.11.30
日本新生児成育医学会in鹿児島
DSC04485 (Custom)
2019.11.24
船戸先生による生命倫理のご講演

カレンダー

2014年12月
« 11月 1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031