ここから本文です

成育科ブログ

2015.02.10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨日は八戸市民病院の周産期センターを見学させていただきました。
CIMG3726 (Custom)
CIMG3727-2 (Custom)
八戸市民病院にはこれまでも何度も見学させていただいていますが、今回は昨年4月に増床工事され、病院とは別棟で新たに建築された新しい周産期センターと、一緒に稼働し始めた産科の情報システムを見学させていただくのが目的です。産科の情報システムは既製のシステムにかなり手をかけてカスタマイズされており非常に使いやすそうでした。

新しい周産期センターは新築なのでさすがにとてもきれいでした。八戸市民病院の分娩数は年間1300例もあり、周産期センターとしての分娩数はかなり多い方なのではないかと思います。
CIMG3730-2 (Custom)
CIMG3735 (Custom)
CIMG3736 (Custom)
分娩室には畳のスペースもあり、フリースタイルの分娩にも対応できるようです。
CIMG3733 (Custom)

見学の後は、八戸市民病院の小児科・産科の先生方と懇親会でご一緒させていただきました。CIMG3739 (Custom)
CIMG3740 (Custom)
当院に総合周産期センターができてから10年経ち、県内の周産期医療体制が確立していく中で八戸市民病院は重要なパートナーですが、これまではゆっくりお話しする機会がなかなかなかったので、今回は色々なお話しをお聞きすることができて、また一段と距離が近くなったように思います。医師・助産師をはじめとするスタッフ不足の問題はどこも同じですが、これからも一緒に頑張って行ければと思いました。

八戸市民病院の先生方、ありがとうございました!

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

(画像をクリックするとリクルートページへリンクします)

ブログ更新情報

61C-ANsMwPL (Custom)
2018.10.12
働く女子のキャリア格差~女性の活躍には構造的問題の理解が不可欠
IMG_1966 (Custom)
2018.10.07
東京で医療的ケア児に関する厚生労働省班会議
DSC02310-2 (Custom)
2018.10.06
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)
(クリックするとPDFが表示されます)
2018.09.28
第63回日本新生児成育医学会でランチョンセミナー
(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)
2018.09.26
災害時小児周産期リエゾン研修(その2)~新生児のドクヘリ搬送
IMG_1751 (Custom)
2018.09.25
災害時小児周産期リエゾン研修~まずは平時からの備えを
DSC02214 (Custom)
2018.09.10
こどもサポート教室クラ・ゼミさんで情報交換会
CIMG5895 (Custom)
2018.09.09
青森県医師会主催のNCPR(Aコース)
IMG_1685 (Custom)
2018.09.04
医療的ケア児支援体制検討WG
(画像をクリックすると拡大捧持されます)
2018.09.03
11月17日(土)青森県医療的ケア児支援シンポジウム開催のお知らせ
DSC02202 (Custom)
2018.08.26
札幌医科大学NICUを見学させていただきました
DSC02158-2 (Custom)
2018.08.21
医療的ケア児支援者研修会

カレンダー

2015年2月
« 1月 3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728