ここから本文です

成育科ブログ

2016.10.16

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先週は院内研修会で 接客向上委員会&Peace 代表の 石坂秀己さん をお招きして「ディズニー流人材育成研修」と題した研修会があったので参加してきました。cimg4781-custom

講師の石坂さんは東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドで働かれていた方で、我々の誰もが知っているようなアトラクションの数々にも関わってこられた方だそうです。今回の研修会は講演と言うよりも、参加者が実際にいろいろ体験してみる中で様々な気づきが得られるような内容でした。

最初は参加者が隣の人以外と手をつないで、それを何とかしてほどいてみると言うのをやってみました。人数が少ないうちは比較的簡単なのですが、人数が増えてくると急に難しくなります。
cimg4628-custom

上手くほどけるとみんなで最後はハイタッチです。
cimg4632-custom
cimg4633-custom

こうした難題を目の前に出された時、思わず「え~!」とか「無理無理~」とか、つい口を滑らせてしまいがちです。しかし、その発言がそのチームが与えられた課題に対して結果を出すことを目指したものなら良いけれども、自分の感情を優先させてしまったのであれば話は違いますよね?あなたはどちらの方でその発言をしましたか?と言うことが問われていたと分かり、なるほどと唸ってしまいました。
cimg4640-custom

次は笑顔の練習です。モデルさん達は笑顔の訓練をされているそうで、笑顔のためには目が月を横にしたような形になり、歯は上の前歯だけが見えて、できるだけ口角に近い方まで前歯が見えているのが重要だそうで、その点では女優の山田 優さんの笑顔が満点なのだそうです。
cimg4659-custom
cimg4649-custom
そこで、さっそく今回の研修会に持参することになっていた鏡の出番です。自分の顔をみながらできるだけこの満点の笑顔を目指します。端で見ているときっと異様な光景だったと思いますが、実はみんな真剣です。この笑顔を1分間持続させますが、これがなかなか大変で、顔の筋肉がつりそうになります。
cimg4651-custom

こちらは二人がペアになって一人が目隠しを、もう一人が歩く道のりを声で示すということをやってみているところです。前半は目隠しをして、後半は目隠しを取るのですが、これは指示を要する状態とそうではない状態とを実体験してみる練習です。これもなにを目的としているかはやっている間は全く分からないでいましたが、なるほどと思いました。
cimg4721-custom

最後にウォルト・ディズニーの言葉を紹介して下さいました。両方ともディズニー好きならもちろん知っている言葉ですが、これを病院と言う組織におきかえることで、患者さんにも同じようにできるように今回の気づきを今後に活かさなければと感じました。cimg4775-custom

研修会の終了後に石坂さんがご執筆された「 ディズニーランドで語り継がれる魔法の言葉33 」にサインをしていただき、ツーショットの写真も撮らせていただきました。早速教えていただいた笑顔のつもりですがいかがでしょうか?

cimg4783-custom

石坂さん、とてもためになるお話しをありがとうございました。
これからの職場作りに今回学んだことを少しでも還元できればと思います。

以下に石坂さんのご著書をご紹介しておきます。
(ちなみにこの33と言う数字は、3の数字を横にすると有名なキャラクターの頭文字になるのだそうですがお分かりになりますか?)

ディズニーランドで語り継がれる魔法の言葉33
81a5rpk6idl-custom

ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣
81ran7hathl-custom

(文責 成育科 網塚 貴介)

ブログ更新情報

61C-ANsMwPL (Custom)
2018.10.12
働く女子のキャリア格差~女性の活躍には構造的問題の理解が不可欠
IMG_1966 (Custom)
2018.10.07
東京で医療的ケア児に関する厚生労働省班会議
DSC02310-2 (Custom)
2018.10.06
小さく生まれた赤ちゃんとご家族のつどい(4歳未満)
(クリックするとPDFが表示されます)
2018.09.28
第63回日本新生児成育医学会でランチョンセミナー
(周産期医療におけるドクターヘリの導⼊と運⽤体制の確⽴を⽬指した調査研究 より)
2018.09.26
災害時小児周産期リエゾン研修(その2)~新生児のドクヘリ搬送
IMG_1751 (Custom)
2018.09.25
災害時小児周産期リエゾン研修~まずは平時からの備えを
DSC02214 (Custom)
2018.09.10
こどもサポート教室クラ・ゼミさんで情報交換会
CIMG5895 (Custom)
2018.09.09
青森県医師会主催のNCPR(Aコース)
IMG_1685 (Custom)
2018.09.04
医療的ケア児支援体制検討WG
(画像をクリックすると拡大捧持されます)
2018.09.03
11月17日(土)青森県医療的ケア児支援シンポジウム開催のお知らせ
DSC02202 (Custom)
2018.08.26
札幌医科大学NICUを見学させていただきました
DSC02158-2 (Custom)
2018.08.21
医療的ケア児支援者研修会

カレンダー

2016年10月
« 9月 11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31